Sapiens,Magiⅽといった超高速開発の価値について少しお話をしたいとおもいます。

毎日、AI、Iot、RPAなど生産性を著しく上げ、新規ビジネスの開発が進められているというニュースを目する日々です。そのたびに、自社でどう対応すべきかお悩みの方も多いと思います。ただ、考えておかないといけないのは、これらの先進技術の取り込みは、ベースの基幹業務システムがしっかりと構築されていて初めて効果を出せるということです。超高速開発は基幹業務システムを最も効率よく開発できる仕組みなのです。

新技術を使った新システム開発戦略の実行など、迅速な対応が必要なシステム戦略であればあるほど、基幹業務システムも対応することが必要になります。超高速開発の重要性を再認識する必要があると考えています。