Tojo Management Science Laboratory

超高速開発手法

  • HOME »
  • 超高速開発手法

超高速開発手法とは、東條経営科学研究所がお客様のIT化の方針案としてお勧めするときに分析・評価する手法です。

超高速開発手法とは、

・超高速開発ツール(Sapiens、Magic)*
・開発生産性の高い開発SW(Salesforce、Access、Excel、Wordpress)
・適切なパッケージソフト(帳票SW、会計SW、、)
・適切なクラウド・サービスなど

などの短期開発が可能で、内製化も可能にするツールや環境を選択し、組み合わせて行う開発手法。

業務面、コスト面、期間面、人材面、技術面など各視点から、お客様の状況に最も適切なシステム化戦略とシステム化計画立案、および、超高速開発を行うための環境の組み合わせをコンサルティングし、ご提案いたしております。

*:超高速開発ツールはプログラム言語は不要で、業務ルールを指定するのみなので、指定する行数は極めて小さく(例:Sapiens/COBOL比:1/30)なる。そのため、開発工数、保守の工数が極めて小さくなり、内製が可能になる。

お問い合わせは TEL 03-3708-7836 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 東條経営科学研究所 All Rights Reserved.