Tojo Management Science Laboratory

書籍

Topics–『Web Access 2013実習書』発売開始

ISBN表表紙02 

 

Web ACCESS2013実習書(初級)office365対応

Access2013は、従来のデスクトップで採用されていた開発方法に加え、新しくWeb開発モードが追加されました。Web開発モード自体は、Access2010から利用できるようになりま

したが、Access2010では、幾つかの課題点があり、実際に開発しようとしますと、困難な場面がありました。結果的には多く採用されることはありませんでした。
Access2013は、Web開発において、Access2010がもっていた課題点を克服しています。ようやく、Web開発を採用しつつ、
基幹系業務を開発する際に、開発者に新しい方法論を提供できるようになりました。
マイクロソフトでは、この開発における設計方針、並びに開発・動作モードを総称的に「DataCentricDesign」と呼んでいます。
この言葉を単純に日本語に翻訳しますと、「データ中心設計」ということになります。しかし、日本では、「データ中心設計」という言葉は
古くから使用されており、DOA(DataOrintedArchitecture)と呼ばれてきました。DOAとDataCentricDesignはよく似た概念では
ありますが、同じというわけにはいきません。本書では、このことについてあまり深く追求しませんが、どうしても表現せざるを得ない
場合には、Access2013ではデータ・ドリブン・アーキテクチュア、ないし、単純にデータ・ドリブンということにします。
マイクロソフトの日本語Webページの解説では、しばしば「データ中心設計」という言葉が出てきますが、この言葉は、日本で従来から
使われてきた「DOA」ないし、「データ中心設計」とは同じとは言い切れませんので、ご留意ください。
本書は、Access2013において、Web開発を行う場合の実際につきまして、解説しています。残念ながら、2013年9月現在、
Access2013のWeb開発を詳細を述べた出版物はありません。また、オンラインヘルプも十分ではありません。
MicrosoftPressからも未出版です。
この中で、弊社におきましては、マニュアルや、オンラインヘルプのない中、四苦八苦しながら、開発を進めてきました。その経験に
基づいて本書を記載しております。多くの疑問点や、不明点につきましては、米国マイクロソフト社のフォーラム担当者の方々と
やりとりさせていただきました。担当者の方々には、厚く感謝いたします。
本書に述べている開発コードの実例は、Office365のSharePointOnlineで開発したものです。現状、Access2013でWeb開発を
行う最も手軽な方法は、Office365を契約することです。少し敷居が高くなりますが、是非Offeice365のユーザになってみて
ください。プランMの場合、1ヶ月あたり、1ユーザなら1,400円で契約することができます。
Office365につきましては、弊社にお問い合わせいただければご相談に対応させていただきます。

目次

第1章       Access 2013 Webの動作概念… 6

 第1節       Access webのコンポーネント… 6

 第2節       Access Webコンポーネントの解説… 6

 第3節       Office 365の場合… 8

第2章       開発の準備… 9

 第1節       開発に際し、必要な準備をする。… 9

 第2節       Access開発モジュールを作成する。… 9

  第1項       Office 365へのサインイン… 9

  第2項       Share Point Onlineで新規Access アプリを作成する。… 11

  第3項       クライアントから開発できるようにする。… 15

 第3節       クライアントから開発する。… 17

 第4節       参照資料… 18

第3章       開発モデルの概要… 19

 第1節       開発モデルのER図… 19

 第2節       主キーの考え方… 19

 第3節       各テーブルの考慮点… 20

  第1項       「t顧客」 「t商品」の機能… 20

  第2項       「t受注」、および、「t受注明細」の機能… 20

  第3項       「t受注」の考慮点… 20

  第4項       「t受注明細」の考慮点… 20

  第5項       「t商品」にもどって… 20

第4章       開始テーブルを作ってみよう… 21

 第1節       開発を開始する。… 21

 第2節       タイルとビュー… 25

 第3節       データシートビューについて… 26

 第4節       リストビューについて… 27

 第5節       その他のビュー… 28

 第6節       開始テーブルの削除… 28

 第7節       開始テーブルからAccessの働きを想像する。… 32

第5章       「t顧客」テーブルの作成… 33

 第1節       フィールド定義… 33

 第2節       ビューを調整する… 37

 第3節       テストしてみる。… 39

  第1項       リストビューによるテスト… 39

  第2項       データシートビューによるテスト… 43

 第4節       クエリーのビューへの適用… 47

  第1項       クエリーの作成例… 47

  第2項       リストビューに、クエリーを組み込む… 50

  第3項       クエリーの動作確認… 53

第6章       タイルとビューの活用について… 55

 第1節       タイル・ビュー型とメニュー型… 55

 第2節       テーブル、タイル、ビューの関係… 56

第7章       「t商品」テーブルの作成… 58

 第1節       「t商品」の作成… 58

 第2節       タイルヘの実装例… 59

第8章       「t受注」テーブルの作成… 63

 第1節       フィールド定義… 63

  第1項       フィールド定義の最終的な結果… 63

  第2項       外部キーの指定について… 64

  第3項       番号は、数値型… 66

  第4項       日付は日付/時刻型… 66

  第5項       金額は通貨型… 67

 第2節       「t受注」をテストする… 68

第9章       マクロ入門… 70

 第1節       UIマクロとデータマクロ… 70

 第2節       UIマクロとデータマクロのまとめ… 70

 第3節       採番テーブルを作ってみよう… 72

  第1項       「t採番」を実装する。… 72

  第2項       データマクロ記述の基本… 72

  第3項       採番のデータマクロを完成させる。… 81

  第4項       採番の動作確認… 83

 第4節       データマクロの機能のまとめ… 85

第10章       「t受注明細」テーブルの作成… 86

 第1節       テーブル定義… 86

 第2節       ビューの確認… 88

第11章       「t受注明細」のデータマクロ作成… 93

 第1節       「t受注明細」の挿入後処理… 94

  第1項       単価参照、金額の計算… 94

  第2項       名前付きデータマクロの作成… 96

  第3項       挿入後処理の継続(受注合計計算)… 99

  第4項       挿入後処理の継続(受注明細件数、商品在庫処理)… 101

  第5項       挿入後のテストをする。… 104

 第2節       「t受注明細」の更新後処理… 105

  第1項       挿入後処理のデータマクロを更新後処理にコピーする。… 105

  第2項       単価参照、金額計算の処理… 107

  第3項       受注合計計算… 109

  第4項       受注明細件数計算… 110

  第5項       在庫更新… 110

  第6項       全体をみておこう… 111

  第7項       テストする… 112

 第3節       「t受注明細」の削除後処理… 116

  第1項       削除後処理のデータマクロ記述… 116

  第2項       テストしてみる。… 116

第12章       実用性を高めるために… 117

 第1節       アクションバーを使う… 117

 第2節       レイアウトを考える… 121

 第3節       タイルを整理する… 126

 第4節       作成した画面一覧… 127

第13章       挿入後処理と更新後処理… 130

 第1節       内部データマクロと外部データマクロ… 130

 第2節       挿入後処理と内部データマクロ… 131

 第3節       モード処理について… 132

第14章       コントロール概説… 134

 第1節       コントロールの概要… 134

  第1項       コントロールの全体… 134

  第2項       テキストボックス… 135

  第3項       ラベル… 135

  第4項       ボタン… 135

  第5項       Webブラウザーコントロール… 135

  第6項       コンボボックス… 135

  第7項       チェックボックス… 136

  第8項       オートコンプリート… 136

  第9項       ハイパーリンクコントロール… 136

  第10項       サブビュー… 136

  第11項       複数行テキストボック… 136

  第12項       関連アイテムコントロール… 136

 第2節       空白ビューを使って、トップページを作る… 137

  第1項       イメージデータを作成する。… 137

  第2項       タイル用テーブルを作成する。… 139

  第3項       空白ビューを作成する。… 140

  第4項       トップページを作成する。… 141

  第5項       トップページを強化する。… 143

第15章       ロールバックの実際… 149

 第1節       「t商品」の更新後処理… 149

 第2節       トランザクションとロールバック… 151

 第3節       デスクトップ開発におけるデータマクロ… 152

第16章       トレース機能… 153

 第1節       トレースとは… 153

 第2節       トレースのとりかた… 154

 第3節       トレース結果の解析例(弊社での経験)… 156

第17章       レポートの作成方法… 158

 第1節       レポートの作成とは… 158

 第2節       テーブルへのリンクの作成… 159

第18章       アップパッケージの作成… 163

 第1節       アップパッケージの作成… 163

 第2節       アップパッケージの導入… 165

第19章       Share Point ServerとShare Point Online. 168

  平成25年8月31日
株式会社東條経営科学研究所
専務取締役 東條是樹

ご購入はこちらから

webnoshosai2

honto2

お問い合わせは TEL 03-3708-7836 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 東條経営科学研究所 All Rights Reserved.